• ホーム
  • 日本人の喫煙率は過去からどのように推移してる?

日本人の喫煙率は過去からどのように推移してる?

2020年05月14日

日本人の喫煙率は、年を追うごとに減少している傾向があります。
2017年の喫煙率でいえば、18.2%と2016年に比べると1.1%ほど減少しているのがわかります。
具体的な喫煙人口を見ていくと約110万人ほどです。
この背景には、喫煙する場所が減少し規制者に対する風当たりが強くなったことや、たばこの税金が上がり、一箱400円以上するものばかりになったことがあります。
ちなみに男性の喫煙率は28?2パーセントで女性は9パーセントです。

過去と比較した場合に日本の喫煙率がどのようになっているかを見ていくと、2017年よりも10年前の2007年のデータでは男性の喫煙率がおよそ40パーセントで女性はおよそ13パーセントでした。
男性も女性もそれぞれ禁煙している人が増えていることがわかりますが、特に男性の禁煙率が非常に高いことがわかるでしょう。

さらに過去にさかのぼると、現在では考えられないような驚くべき数字を見ることになります。
例えば、1965年の統計をみると男性の喫煙率は80パーセントを超えています。
成人男性のうちおよそ5人のうち4人が喫煙していることになるわけです。
ただ当時は、現在よりも税金が少なく100円未満で購入できたことから手軽に買うことができたのも理由になります。
また、現在のように喫煙する場所が少ないわけではなく電車の中でも喫煙できたほどでした。

過去からの流れの中で、極端に喫煙率が減少した時期があり、それは2002年になります。
なぜこの時に減少したかといえば、東京都千代田区が路上喫煙地区を設けたからです。
これを皮切りに、日本中での路上喫煙地区を設けるところが増えてきて、喫煙できる場所が限られてくるようになったわけです。

外でタバコを吸うことが限られただけでなく、今まで他の抗することができた公共の場所でもタバコを吸うことができなくなり、喫煙エリアでしか吸えなくなったのもたばこを吸う人が減少した一因です。

20年前と現在の日本での喫煙所の変化について

禁煙ブームが叫ばれて久しいですが、実際に20年前と現在の日本での喫煙所の変化を見てみると、20年前は喫煙所の数はそれほど多くなく公共の場所では駅などのホームに喫煙所などがある程度でした。
ホームの中でも、はじの方に追いやられた感じで四角く枠が囲ってありその部分でたばこを吸うことができた程度です。
やがて地下鉄のホームで完全禁煙になり、数年後JRも動き出しホームでタバコを吸う場所はガラス張りになっている喫煙区域のみになりました。

ファミリーレストランなども、禁煙区域は設けられていました。
現在のようにガラスなどで仕切られているわけではなく、単にたばこを吸える場所と吸えない場所が分かれているだけで煙が禁煙エリアに入ってくることもしばしばあり、迷惑そうにしているお客さんも多かったです。

新幹線や特急列車などを見てみると、当時はすでに禁煙車両が多かったですが、タバコを吸うことができるところも1編成に3両から4両くらいはありました。
現在は、すべてが禁煙車両になっており、全く煙草をすることができないか、ガラスで仕切られたエリアのみでマナーを守ってタバコを吸うことができるのみになります。

20年前のホテルなどでは、ロビーでたばこを吸うことはできましたが、ほんの一部の限られた区域だけです。
ところが最近は、タバコを吸うところは限られており、完全にロビーの端っこの方に追いやられている状態になります。
たばこを吸うためにわざわざロビーのはじの方に行かなければなりません。
ホテルの部屋を見ると、ほとんどが禁煙になっており、昔のようにタバコを吸える部屋が減少してきているのが現状になります。

このように、禁煙ブームが浸透してくるにつれて、公共の場所ではたばこを吸わないことがマナーとの認識に変わっていったことがわかります。
たばこが吸える区域も、年々狭まってきていることもわかるでしょう。

関連記事
チャンピックスで禁煙をする方法について

タバコをよく吸っている人は健康に気をつけないといけません。喫煙をしたいけれどイマイチ長続きしないという方はチャンピックスを利用してみるといいでしょう。禁煙をしたい人のために作られたのがチャンピックスで2つの禁煙効果を持っているのが特徴です。人がタバコを吸うとニコチンが脳の神経細胞にあるニコチン受容体...

2019年12月07日
喫煙を継続することで発生する身体への異常

喫煙を継続することで体にはさまざまなリスクを抱えていくことになります。ガンになりやすいという事は既に証明されているとおりですし、老化を早めるという事も考えられるので、喫煙の影響は継続年数が多くなればなるほど蓄積されて大きくなると考える必要があります。喫煙をすると有害物資を体に取り込んでしまう事になり...

2020年04月08日
ジェネリックのニコテックスを使うと安く禁煙可能

ジェネリック医薬品のニコテックスを使うと安く禁煙することができます。ニコテックスはニコレットのジェネリック医薬品なので、ニコレットよりも安く済む上に、ニコレットと同じたばこをやめる効果が期待できるのです。たばこをやめるには徐々にニコチンの摂取量を控えていく必要があります。しかしたばこの本数を減らして...

2020年01月09日
禁煙の成功による身体に起きるメリットとは?

喫煙は身体に多くの害をもたらすと言われていますが、実際に禁煙には多くのメリットがあります。まず、身体の見た目に起きるメリットですが、肌がきれいになることがあげられます。これは、喫煙によって肌に大切な成分であるビタミンCが破壊されるだけでなく、有害な一酸化炭素などにより血行が悪くなる他にもホルモンバラ...

2020年01月26日
ニコレットで禁煙をする方法について

禁煙に挑戦してもタバコが吸えないことのストレスがつらすぎて何度も失敗してしまっていませんか。禁煙が上手くいかないことの最大の問題はこの禁断症状の重さにあります。タバコに含まれているニコチンという成分には強い中毒性があるため、禁煙で急に全くタバコを吸わない状態になると不安感やイライラといった症状が強く...

2019年12月23日
禁煙が成功する方法とは?

最近は禁煙が必要な場所も増えていますから、必要性を感じている方も多いのではないでしょうか。もちろん喫煙は身体に悪いという事は多くの方が認識しています。今は難しくてもいつかはやめようと思っている方も少なくありません。これまでに何度か禁煙にチャレンジしたという方もいるはずです。しかし、なかなかうまく辞め...

2019年11月22日
本気の禁煙は禁煙外来で行ないましょう

喫煙による身体への悪影響に関しては医学的にもはっきりとした統計的な根拠があり、がんの発生リスクを高めることや肺機能の低下を引き起こすことが指摘されています。そのほかさまざまな疾病リスクが喫煙によって生じるとされており、たばこの有害性はもはや世界的な課題となっています。日本は21世紀に入ってから急速に...

2020年03月13日
禁煙をすると太ると言われる理由とは?

タバコは「百害あって一利なし」と言われるように、喫煙をすることで吸っている本人だけでなく周りの人にまで健康に害を及ぼす恐れがあるということは誰もが知るところです。そんなタバコを何とかやめようと禁煙宣言をし、喫煙の悪癖を何とか改善しようとしている人は一定数常に存在しますが、途中で挫折してまた後戻りして...

2020年02月15日